蒲の穂と因幡の白兎

公開日: : 神社・寺院が好き, 雑学みたいなの

蒲の穂

葛西の行船公園。「蒲の穂」が満開(?)です。

蒲の穂といえば、因幡の白兎ですね。

ワニザメに皮を剥がされた白兎が、神様たちに「海水を浴びて風に当たれば治る」と騙されて苦しんでいました。

そこに通りがかった、オオムナヂという神様に「真水で体を洗い、蒲の穂を取ってきて撒き散らかし、花粉の上を転がるようにして体につければ治る」と教えられ、その通りにすると、すっかり治ってしまいました。

という、超カンタンにいうとこんな話です。

ところで、このオオムナヂさん。

後にとっても有名になります。
ご存知ですか??

なんと、この神様こそ、のちの「国譲り」の主役、オオクニヌシさんなんです。

せっかくつくった国を、アマテラスさんの「欲しい!」の一言で譲る羽目になった、かわいそうな神様です。

国を譲る代わりに、アマテラスに建ててもらったのが、「出雲大社」と言われています。
だから(?)、出雲大社の主祭神はオオクニヌシです。

関連記事

とよかわだきにしんてん

豊川稲荷(東京都品川区)

さっきまで、 天王洲アイルで 打ち合わせを してました。

記事を読む

松戸神社の由来

松戸神社(千葉県松戸市)

千葉県松戸市の松戸神社です。 べっ甲の職人さんの取材で松戸に来たんですが、早く着きすぎ

記事を読む

クサガメ

一之江境川親水公園(東京都江戸川区)3

今日も、一之江境川親水公園をカメラ片手に歩いてきました。 今日のコースは、前回の続きです。

記事を読む

シオカラトンボ

一之江境川親水公園(東京都江戸川区)2

船堀駅近くでお昼を食べて、腹ごなしです。 一之江境川親水公園をカメラ片手に歩いてきました。

記事を読む

柿沼東光

伝統工芸士ってややこしい

こないだ取材に行った、江戸木目込人形の職人・柿沼さんの原稿をまとめています。 で、

記事を読む

柴又帝釈天

柴又帝釈天(東京都葛飾区)

寅さんで有名な、柴又帝釈天。 経栄山題経寺という日蓮宗の寺院です。 松戸での取材のあ

記事を読む

瀧淵神社

瀧淵神社(千葉県南房総市)

今日は、江戸独楽(こま)職人さんの取材で、千葉県の南房総市に行ってきました。 お昼ご飯を食べて

記事を読む

no image

半夏生(はんげしょう)

今日(7月2日)は、半夏生(はんげしょう)です。 半夏という薬草が生え始めるころ、という意味。

記事を読む

和包丁

世界でひとつの和包丁を作れ!!

これが、和包丁です。 これが、洋包丁です。 和包丁と和包丁の (外見の)一番わ

記事を読む

祭遊(七夕)

5つの節句

もうすぐ、七夕ですね。 一年に一度、織姫さまと彦星さまが出会えるロマンチックな日です。 とこ

記事を読む

手しごと本舗
Facebookさんに却下されちゃいました(汗)

何度かお伝えしておりますように ストアの店舗名が「赤ちゃん子供新聞ス

お食い初め食器
お食い初め食器が復活しました。

復活というと大げさですが、 木内さんのお食い初め食器セットの

no image
浴衣と着物の違い

7月7日は、日本ゆかた連合会が制定した「ゆかたの日」なんだそうです。

蒲の穂
蒲の穂と因幡の白兎

葛西の行船公園。「蒲の穂」が満開(?)です。 蒲の穂とい

祭遊(七夕)
5つの節句

もうすぐ、七夕ですね。 一年に一度、織姫さまと彦星さまが出会えるロマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑