讃岐かがり手まり

公開日: : 最終更新日:2014/04/04 通販サイトを見て語る

讃岐かがり手まり|手まり

獄門島。

百日紅の下で起きた事件を解決した金田一耕助が、次に向かった島です。

瀬戸内海に浮かぶ孤島には、古くからの封建的な因習が残っていて、本家の本鬼頭と分家の分鬼頭が
対立していました。

とまぁ、そんな物語なんですが、そこで印象的に使われていたのが手毬でした・・・。

ん?

すいません。間違えました。

手毬が使われてたのは、「悪魔の手毬唄」でした。

・・・というわけで、手毬の通販サイトを眺めてました。

女の子がいたら、桃の節句には手毬を贈ってあげたいなぁ・・などと思いまして。

小さい女の子が着物を着て、慣れない手つきで手毬をトントンしているのって、素敵な風景だとおもうんですよ。

あいにくうちは男の子2人なので、すぐにぎゃーぎゃーケンカが始まり・・・
うるさいったらありゃしない。

まぁ、ないものねだりですね。

関連記事

和太鼓職人のでんでん太鼓

でんでん太鼓。 昔から、赤ちゃんをあやす道具として使われてきたおもちゃです。 赤

記事を読む

蓑笠(みのかさ)

これって「子泣きじじい」じゃないですか! なんでしょう、このワクワク感。 この写

記事を読む

麦わら帽子

テレビ朝日系でやってますね。 「〇〇なんだけど、〇〇なお店」ってやつ。 鈴木砂羽さん

記事を読む

手作りの子供用甚平

ジンベイは、10人目の仲間になるんでしょうか? 麦わらの一味に魚人であるジンベイが入ること

記事を読む

鯛の浜焼き

愛媛県宇和島市生まれの僕にとって、お祝い事といえばやっぱり鯛。 奥さんも九州の港町生まれな

記事を読む

ベビープッシャー

パッと見が髭剃りなんです。 「なんで髭剃りが赤ちゃん用品?」 そう思ってよく見る

記事を読む

犬棒かるた

いやー、懐かしい。 このかるた、僕の家にあったのと同じじゃないかな? ひょっとして、

記事を読む

ハンサムな赤べこ

昨日の山形のこけしに続き、今日は福島。 会津の「赤べこ」です。 何度か書いているよう

記事を読む

子供用の渋い浴衣

昨日の甚平に続き、今日は浴衣のお話でございます。 うちの子は、宮城のばあちゃんがつくっ

記事を読む

赤ちゃんのうまれたとき

赤ちゃんが生まれてくるまでには、感動的なドラマがたくさんあります。 生まれてきてからの

記事を読む

手しごと本舗
Facebookさんに却下されちゃいました(汗)

何度かお伝えしておりますように ストアの店舗名が「赤ちゃん子供新聞ス

お食い初め食器
お食い初め食器が復活しました。

復活というと大げさですが、 木内さんのお食い初め食器セットの

no image
浴衣と着物の違い

7月7日は、日本ゆかた連合会が制定した「ゆかたの日」なんだそうです。

蒲の穂
蒲の穂と因幡の白兎

葛西の行船公園。「蒲の穂」が満開(?)です。 蒲の穂とい

祭遊(七夕)
5つの節句

もうすぐ、七夕ですね。 一年に一度、織姫さまと彦星さまが出会えるロマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑